スペース旨い!いちご屋 ご利用案内 よくあるご質問 会社概要 買い物かごへ
旨い!いちご屋
メニュー トップページ 商品一覧 店長の部屋 お客様の声 いちごの話 いちごレシピ お問合せ

トップページ > 店長の部屋


 本物を求める店長の思いをつづります


こんにちは!旨い!いちご屋へようこそ♪
店長の齋藤浩昭です (^_^)

齋藤浩昭

私は全国の中から美味しくて、カラダにも良く、本物の食品を探して歩いています。

そもそもイチゴは明治初期に皇室向けに栽培が始まった高級品でした。
その後、温室栽培技術が高まり、品種も改良され、今では多くのイチゴが市場に出回るようになりました。

しかしイチゴも他の生産品と同様に生産者によって、味もカタチも大きくことなります

確かに種類が異なれば、大きさも味も香りも異なりますが、それと合わせて違いが出るのは生産者の思いと行動だと思うのです。

当店では、私みずから産地を歩き、イチゴの美味しさと、生産者の人柄も判断したうえでお取引したいちごを取扱っていますので、皆さんにいちごを愉しんでいただけると思います。

またイチゴは一般的にスーパーなどの量販店でも販売されていますが、それらは一般的にまだ青い部分があるうちに摘み取り、スーパーに並ぶ頃に赤くなるのが多いため、スーパーでは日持ちしますが、本当の美味しいイチゴではありません。

当店のイチゴは完熟状態になってから摘み取り、生産者から直接発送しますので、一番美味しいイチゴを味わうことができます。

どうぞ当店で新鮮ないちごをお楽しみ下さい。


「三方よし」が事業の理念です

お客様もお喜びいただき、生産者もお喜びいただき、当店も良い 「三方よし」

インターネット上には農産物、海産物、加工品など販売する多くのショップがありますが、大きくわけると、「卸業者による販売」と「生産者による直送販売」に分けられます。

卸業者による販売」は、どちらかというと地域に特化(例えば三陸とか)したものが多いですが、当店で扱う商品はそのアイテムの中の僅か1つだけが多いです。従って比べるものもなく、たまたまその地域で商品があるから販売しているケースが多いので、当然商品に対するこだわりはあまりないのが実情です。

もう一つ「生産者による直送販売」は、当然ですが、どの生産者も自分のところが一番だと思ってやっています。そのためにお客様からすると、どの産地のどの生産者の商品なら間違いないんだろう?と悩んでしまいます。

またブランド品のように心を込めた商品づくりをしている生産者は大変忙しいので、そうした方々がネットショップをやる余裕はまずありません。良いものをつくろうと思ったら、ネットショップをやっている余裕はないのです(ごく一部のスーパー生産者は除きますが)。

そういう背景のなか、私は全国を歩きまわり、お客様の視点で産地、商品、生産者をみて、取引を判断しています。 また良い商品づくりに取り組んでいらっしゃる生産者の代わりに、お客様対応を行い、販売サイトを運営しながら、生産者直送モデルで商品をお送りしています。

つまり当店は 、生産者の販売代理店でもなければ、お客様の購買代理店でもなく、生産者とお客様と等間隔のパートナーとして位置することによって、お客様がどの生産者の牡蠣を選んだらよいのか分からないという不便に答え、また真面目な生産者の手がまわらないという顧客対応の不便に答え、お客様にも、生産者にも喜んでいただける形を目指しております。

美味しくて旨いものを見つけてくれてありがとう、売ってくれてありがとう」とお客様に喜んでいただきたいし、同時に、「うちの商品を売っていただいてありがとう、お客様対応をしてくれてありがとう」と生産者にも喜んでいただき、その結果、当店としても嬉しいという「三方よし」が当ショップの事業モデルです。

どうぞ旨い!いちご屋をよろしくお願いいたします (^_^) /

   三方よし    旨い!いちご屋  店長 齋藤浩昭
         ボクも三方(三本?)よし!




店長のツィッターはコチラです。
https://twitter.com/saitohiroaki

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る