スペース旨い!いちご屋 ご利用案内 よくあるご質問 会社概要 買い物かごへ
旨い!いちご屋
メニュー トップページ 商品一覧 店長の部屋 お客様の声 いちごの話 いちごレシピ お問合せ

トップページ > いちごの話


 いちごの話

いちごの主な成分

  • ビタミンC
    100g中50〜100mgと、レモンを遙かに上回る量が含まれており、 食品の中でもトップレベルです。
    中程度の大きさのいちごを7〜8粒食べれば、 1日のビタミンC必要量を十分摂ることができます。
    肌を若々しく保つ美肌効果はよく知られており、コラーゲンの生成を促し、しわを予防する作用や、
    メラニンの生成を抑えシミを予防することが期待できます。
    また、風邪の予防・ガンを抑える働きもあるそうで、注目大ですね!

     
  • キシリトール
    唾液の分泌を刺激し、中和を促進させて 唾液中のカルシウムがエナメル質と結び付く再石灰化を活発にするため、虫歯を防ぐ効果があります。ハリウッド女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズは、イチゴ で、歯磨きをしているという話もあります。おばあちゃんの知恵袋で、すりつぶしたイチゴで磨くと白くなるというのもあります。
    美味しく食べて白くなったら、まさに一石二鳥ですね!

 

いちご狩り

いちご狩りといえば、食べ放題が多いですね。制限時間は30分のところが一般的で、多くの園ではコンデンスミルクを付けて食べることができます。もちろん、新鮮ないちごは、そのままでも充分美味しくいただけます。

  • 土耕栽培(どこうさいばい)
    地面に畝(うね)を作り、ビニールシートで土を覆っていちごの苗を植える方法です。

     
  • 高設栽培(こうせつさいばい)
    地面より高い位置でいちごを栽培する方法です。

 

いちごの種類

  • 章姫(あきひめ)
    女峰の酸味、病害抵抗性などの問題点を解決するため改良されました。
    品種改良者にちなんで命名されています。糖度が高く酸度も少なく、細長い形をしています。
     
  • あまおう
    「あ」かい、「ま」るい、「お」おきい、「う」まいの頭文字をとって名づけられた品種で、
    一粒40gにもなるものもあります。
     
  • さがほのか
    佐賀県で「大錦」と「とよのか」の交配で、佐賀県生産の9割のシェアがあります。
     
  • さちのか
    「とよのか」と「アイベリー」を交配したもの。糖度が高く、酸度は低い。果実は硬めで日持ちがよい。
     
  • とちおとめ
    「とよのか」と「女峰」を交配し、さらに「栃の峰」を交配したものです。女峰より粒が大きく甘さも強い、
    日持ちが良い品種で、現在、日本一の生産量があります。
     
  • とよのか
    三重県で「はるのか」に変わって、食味のよい品種を育成する目的で 「ひみこ」と「はるのか」を交配。
    酸味が少なく大粒で甘い。九州を中心に広く栽培されています。
     
  • 紅ほっぺ
    「章姫」と「さちのか」を交配したもの。章姫と比較し、果心の色が淡赤・花房当たりの花数が少ない。
    大粒な円錐形をしておりジューシーです。
     
  • もういっこ
    病害抵抗性を持つ宮城県オリジナル母本に、良食味品種「さちのか」をかけ合わせてできた新しい品種です。
    円錐形で、果実が硬いので日持ちがよいです。
     
  • ひのしずく
    熊本県農業研究センター が1995年から開発を始め、9年越しで商品化したものです。
    「とよのか」より糖度が高く、酸がやや少ないです。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る